立憲民主・枝野代表 国民民主などに合流呼び掛け(19/12/06)

立憲民主党の枝野代表は国民民主党や社民党の党首らと会談し、合流に向けた協議の開始を呼び掛けました。

 今回、呼び掛けた背景には次の衆議院選挙を見据え、年内に野党で結束を固めておきたい狙いがあります。これに対して国民民主党の一部からは、事実上の吸収合併だと否定的な意見もあり、実現するかどうかは不透明です。それに先立って行われた野党の4党首会談では、枝野代表らは「桜を見る会」を巡る疑問点を国会で追及し続けるため、野党で連携を強化していくことを確認しました。9日の会期末には40日間の会期延長を衆議院の議長に申し入れることを決めました。一方で安倍内閣への不信任決議案の提出については、野党幹部が誰も答えを持っていないと漏らすなど、9日に最終判断をすることになりました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp